傷あと(瘢痕)・ケロイド

傷あと(瘢痕)・ケロイドの治療

傷あとは医学的にいうと「瘢痕」(はんこん)という言葉になります。けがであれ、手術であれ、皮膚に傷をつければ、そのあとに繊維組織ができて治ってゆきます。この繊維組織が瘢痕であり、どんな傷でもあとに必ず残ります。ちょうど、ブロックやレンガをつなぎ合わせるのに、セメントが必要なようなものです。一般的には、傷あとという場合には、目立つ「瘢痕」を「傷あと」と呼ぶわけです。厳密にいえば、いったん傷がつけば傷あとを簡単になくすことはできないため、目立つ傷あとを目立たなくするのが傷あとの治療ということになります。
目立たぬ傷を正常瘢痕と呼ぶことにした場合、正常でない、つまり目立つ傷はどんな状態でしょうか。

<症状>
a. 赤く盛り上がる、いわゆるミミズ腫れ(肥厚性瘢痕・ケロイド)
b. 白く平らだが、幅が広い傷痕
c. 引きつれを生じる(瘢痕拘縮)
d. 傷の合わせ目が段差になり陥凹している
e. 色素沈着、色素脱出のように色の違いが目立つ
f.表面がテラテラと光る

など、色々あります。
肥厚性瘢痕・ケロイドの区別は、目立ち具合の持続で区別します。
いったん治ったように見える傷痕が、数週間して、赤く盛り上がっていわゆるミミズ腫れになり、数ヶ月、場合によっては数年傷の範囲を超えずに継続する場合を肥厚性瘢痕といいます。肥厚性瘢痕の場合には自然に白く平らになっていきますが、何時までたっても軽快せずに、増えつづけていくのが、ケロイドです。ケロイドは、傷の範囲を超えて盛り上がり、痛み・痒みを伴います。最近よく見られるのはピアスケロイドで、ピアス穴が盛り上がりビー玉のように膨らんで来院する患者さんをよく見かけます。
ケロイドは原因がいまだに不明であり治療法も決め手となるものはありません。
ステロイド注入・外用や内服治療が治療の中心となります。
耳介・耳垂ケロイド(ピアスケロイド)は一部手術適応による場合がありますのでご相談ください。

形成外科で行う傷あと(瘢痕)の修正には様々な方法

1)軽度の引きつれて幅のある瘢痕が認められます。
1)
軽度の引きつれて幅のある瘢痕が認められます。
2)Z形成術による瘢痕形成術のデザイン。
2)
Z形成術による瘢痕形成術のデザイン。
3)縫合直後の状態。
3)
縫合直後の状態。
4)術後10カ月経過。瘢痕の幅が細くなり、傷の方向が変化することで目立たなくなりました。
4)
術後10カ月経過。瘢痕の幅が細くなり、傷の方向が変化することで目立たなくなりました。

1.手術(症状 b.c.d)

傷跡の幅、段差、陥凹、ひきつれなどを修正するには、
  1. 傷あとを切り取り縫合して、段差のない1本の細い線に
    かえる手術
  2. Z形成術・W形成術とよばれる手術により、一直線のキズを
    ジグザグにして方向を変えて力を分散してひきつれを解除する
    手術

2.レーザー(症状 f)

皮膚にマイクロレーザービームを照射して、細かい穴を(12仍擁に49ヶ所)開けることによって、傷の「てかり」をなくし、傷あとをぼかす作用のあるフラクショナルレーザー治療。

3.保存的治療

ステロイド局注・外用・トラニラスト内服・シリコンゲルのケロコートによる保存的治療 ― 瘢痕を柔らかくして平坦にすることを促進できる。 傷あとの保存的治療法として世界60カ国で以上で使用されているシリコンゲル:ケロコートを採用しています。
日本では未許可です。

●シリコンゲル:ケロコートについて

瘢痕治療とシリコン
シリコンは今や、世界中の形成外科医が選択する治療法です。過去20年間で、瘢痕治療及び異常瘢痕化の予防に対するシリコンの有効性に関する強力なエビデンスが示されています。従って、シリコンは形成外科医師にとって最も信頼のおける治療法のひとつとなっています。

作用機序・効果

局所シリコンゲルのケロコートは素早く乾燥し、柔軟で通気性の良い防水シートを形成します。
このシートは角質層(皮膚の死細胞による外層)に結合し、化学的、物理的及び微生物学的侵襲に対する保護層を形成し、補水を助けます。これにより、正常なコラーゲンを合成するサイクルによって瘢痕を成熟させ、瘢痕の 生理学的外観及び美容的外観を改善させる環境を整えます。
効果として、報告されているのは下記となります。

1. 瘢痕に伴う、掻痒感及び不快感の軽減
2. 隆起した瘢痕の軟化及び扁平化
3. 赤みの軽減

瘢痕の色素沈着には効果がありませんが、瘢痕を柔らかくして平坦にすることを促進でき、治療及び予防目的で使用できます。